薪ストーブの家

 薪ストーブの家

 既存RC2階建ての寒い建物を壊して、木造2階建てに建替え。 テーマは薪ストーブの家。 建替えるにあたって、まずは薪の準備を。と、いうことで早速斧を購入薪の準備から始まりました。   玄関は接客のために広く、法事のために仏壇のある和室は玄関の近くに。片付けをしなくていいようにパントリーを広く、自転車が置けるようにポーチに屋根を、既存の庭をいかしながら、前の大きなマンションから丸見えにならないようにと目隠しを設置。建具、家具、キッチンに使った木種はゼブラウッドといって南洋材ですが、大川の材木商店まで行き、原木の柾目のいい部分を突板に作ってもらいました。 冬は、雪が降るような寒い日を除けば薪ストーブのみで全館暖かいようです。         和室の障子をあけると梅の木、灯篭などが見えるようになっています。

 

所在地:長崎県諫早市                                      構 造:木造在来工法                                      敷地面積:512.66㎡                                       建築面積:173.55㎡                                       延床面積:228.64㎡

下部写真をクリックすると拡大スライドできます