中庭の家(二世代住宅)

 中庭の家

古い団地の中、築35年の和風住宅の実家を母と夫婦の為の二世代、3人家族の住宅に建て替え。   団地で狭い道路を挟んで燐家が建てこんでいて、窓を開けると目が合ってしまう。            そこで、敷地外側に沿って建物を配置し、外面は小さな開口とし、車3台スペースを確保して、中庭を10帖とってプライバシーを確保。 中庭を中心に玄関、LDK、洗面、浴室、母室を配置し、回遊性を持たせて、生活しやすい動線にしています。               中庭に十分、日光、風が入るように南側を平屋とし、以前は北側の暗い部屋が生活の場所でしたが、すべての部屋、ローカに明かりが入り、快適な空間になっています。      

 

 

 

所在地:長崎県長崎市       構 造:木造在来工法       敷地面積:210.96㎡        建築面積:103.09㎡        延床面積:148.63㎡        写  真:contrast








下部写真をクリックすると拡大スライドできます。