石垣の家

 石垣の家

眼下に橘湾、遠く天草灘を眺める高台に建つ家。                道路側が南側となるが、北の景色は捨てがたく、こちらにLDKを置く配置となる。南屋根を切り開けてベランダとし、LDを吹抜けにして、南側から太陽と風を入れるように工夫する。 2階には二部屋のみで、道路側からみると平屋のように見える。南側に小さな庭があり、和室から眺めるようになっている。吹抜けがあるが冬は蓄熱暖房器で十分暖が取れている。日々の暮らしに風景を取り入れて生活できる環境は生かすべきだと思います。ここにしかないものそれをいかす設計が大事だと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

所在地:長崎県雲仙市       構 造:木造在来工法       敷地面積:246.39㎡        建築面積:137.30㎡        延床面積:120.74㎡        写  真:contrast

 

 

下部写真をクリックすると拡大スライドできます。