雑木林の家

 

雑木林の家

 「LDKのどこからでも庭が見えるように」そして将来は雑木林になるように沢山の植栽を、とのご要望でした。好きな庭を作るために長崎では少し広めの敷地です。南側が道路、前に5階建てのアパート、西側が3階建て、東が隣地、北が隣地(空地)の状況。 庭を見るために建物を庭に向かってコ型に配置、道路側の平屋部分はアパートの目隠しになっています。LDKと和室を直線にして、キッチンを中心にパントリー、洗面洗濯、物干と動きやすい動線を作り、玄関との仕切りをトーメイにすることで家全体が抜けて広く感じられます。和室は小さな子供さんの遊び場、来客の宿泊として仕切れるようになっています。壁の黒板は伝言板、お絵かきスペースです。2階の子供スペースからキッチンが見え、お話ができるようになっています。

 

所在地:長崎県長崎市                                        構 造:木造在来工法                                        敷地面積:322.85㎡                                         建築面積:100.09㎡                                         延床面積:127.84㎡                                         写  真:contrast

 

※下部写真をクリックすると拡大スライドできます。