古枝の家

 古枝の家

・築30年ほどの実家を2世帯に建替え、1階を両親+1人、2階を夫婦+1人の7人のための、田園の中にたたずむ住宅。廻りに遮るものがなく風が強い場所なので、軒が吹き上げられないようにできるだけシンプルな形としています。そのため外壁が汚れやすかったり塗装の耐久性が弱くなりがちなので、ランクを上げた外装材を使っています。     1階のメインDK、浴室は共用で、お互いのきずなを大切にしながらも2階には小さなキッチンを置いて、必要なプライバシーを保てる暮らし方となっています。南側に広く風景が開けているのでその向きを最大限に生かし、日々の暮らしに風景を見、季節を感じながら生活できるように設計しました。

                                                                                                        

 

所在地:佐賀県鹿島市
構 造:木造在来工法2階建
敷地面積:443㎡
建築面積:113.86㎡
延床面積:165.61㎡
写真:contrast

 




※下部写真をクリックすると拡大スライドできます。