大三東の家

 























 大三東の家               

海の近くの川の出口の家、夫婦+子4人の家族6人の家。車4台の確保のために自転車置き場、玄関、収納を変形させながらLDKを南に配置、テラスからは雲仙岳が見える。裏は鉄道がとおる。地域に溶け込む家とのことで瓦、塗り壁の家。家族が多いので1階のLDKは畳コーナーを設けて、多目的な使い方ができるようにしている。来客用の和室、寝室に隣接して書斎、図書コーナーと畳コーナーから回遊できるようになっている。物干は室内干し、脱衣スペースを広くとっている。LDには家族おのおのの専用の引出物入れ、伝言スペースのコーナーがある。

所在地:長崎県南島原市                                       構 造:木造在来工法                                        敷地面積:330.29㎡                                         建築面積:136.64㎡                                         延床面積:193.08㎡             

 

※下部写真をクリックすると拡大スライドできます。