祈りの丘絵本美術館

 祈りの丘絵本美術館  (長崎市南山手)

南山手の土産品店が並ぶ大浦天主堂、グラバー園へと続く坂道の途中にある、1階が絵本の書店。2.3階は絵本の原画を展示する絵本の美術館。祈りの丘絵本美術館は祈りをささげる カトリックの大浦天主堂がある丘. 絵本の歴史は19世紀のイギリスからはじまった。ということ、そのころの西洋との梯が長崎であったので、ここに絵本美術館をオープンしようと思い立たれたとのこと。     RC3階建ての屋根は瓦、外部は煉瓦と石積み、窓にはステンドグラスの長崎らしさを表現。スイスのチューリッヒ、ベルン、イギリスのピーターラビットの湖水地方、ロンドン郊外の小さな美術館等を訪れ、そこに漂う空気感を思い出しながら、建物の検討を重ねて作りました。

入口の上には「あすはきっと」の絵本を小熊が少年に渡している像が取り付けられています。

あすは、ずっときょうより  よくなるよ・・・

 

 

 

 


※下部写真をクリックすると拡大スライドできます。